IFD注文は利益の確定にも、損失の限定にも使える注文方法

利益の確定にも、損失の限定にも使える注文方法

利益の確定にも、損失の限定にも利用されるのがIFD注文です。IFDとは「if done」の略字で、「もし成立したら」という意味です。

新規の注文とそれに対する決済注文を出しておき、新規注文が成立したらあらかじめ出しておいた決済注文が発注されるという注文です。決済注文は指値注文でも逆指値注文でも、どちらでも出すことができます。

利益確定のためのIFD注文

下の図は、利益確定のIFD注文(指値新規注文+指値決済注文)を表しています。ドル/円のレートが106円の時点で、105円でドルを買う新規注文と110円でそのドルを売る決済注文を同時に出しています。

その後、ドル/円が105円まで下がると注文1が成立になり、その時点で注文2が自動的に発注されます。下の場合、予想通り110円までドルが上昇すると、105円で買い110円で売ることになり、5円の利益が出ることになります。

損失を限定するためのIFD注文

IFD注文では、損失を限定するための注文(指値新規注文+逆指値決済注文)も出すことができます。

下の図は、105.50円の時点で、105円までドル/円が下がったらドルを買い、もしドルが104円まで下がったらそのドルを売るというIFD注文を表したものです。下の図では104円より下に大きく下がっていませんが、もしさらに大きくドルが下落した場合でも、104円で決済されるので損失を限定することができます。

もちろん、105円での新規注文が成立したあとに104円まで下がらずに上昇した場合は注文2は成立しませんので、手動で利益確定の注文を出すことになります。

関連記事

  1. OCO注文は読みが当たっても外れてもOK

  2. FXの注文の種類

  3. 売買価格を指定する指値注文。損失を限定させる逆指値注文

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP