FXの注文の種類

FXの多彩な注文方法

株取引をしたことのある方にはおなじみの注文方法である「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」はFXでも全く同じです。現在の値で買い注文や売り注文を出すのが成行注文、値段を指定して注文をするのが指値注文、指値注文の逆で値段が上がったら買い、値が下がったら売るのが逆指値注文です。

それらの注文に加え、FXならではの注文方法もあります。IFD注文やOCO注文などです。これらの注文方法を駆使することで、パソコンに張り付くことなくFX取引を行うことができるのです。

FXで使われる主な注文

FXでは、売買チャンスを逃さないためや損失を限定するため、さらには常にパソコンに張り付いていなくてもいいように、様々な注文方法が用意されています。

注文の種類 説明
成行注文 トレード画面上で表示されている現在の為替レートで発注する注文方法。
指値注文 あらかじめ希望する値段を指定して注文する方法。
逆指値注文 指定した価格以上になれば買う、または指定した価格以下になれば売るといった注文方法。最低限の利益を確保したり、損失を抑えるために使われます。
IFD注文 あらかじめ新規注文とその決済注文の価格を指定し、同時に発注しておく注文方法。「指し値買い+指値売り」のIFD注文で利益の確定が、「指し値買い+逆指値売り」のIFD注文では損失を限定することができる。
OCO注文 2つの注文を同時に出しておき、一方が成立するともう一方は取り消しされる注文方法。ポジションを作るために、異なる内容の新規注文を2つ同時にしたり、すでにポジションを持っている状態で指値注文と逆指値注文を同時に出したりする。利益の確定と損失の限定を同時にできる。
IFO(IFD-OCO)注文 IFD注文とOCO注文の組み合わせ。あらかじめ価格を指定した新規注文を出すと同時に、その注文に対する2つの決済注文を出しておく注文方法。

関連記事

  1. OCO注文は読みが当たっても外れてもOK

  2. 売買価格を指定する指値注文。損失を限定させる逆指値注文

  3. IFD注文は利益の確定にも、損失の限定にも使える注文方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP