円高・円安ってなに?

円の価値が高くなると「円高」

為替レートが1ドル=90円から100円になった場合、円高になったのでしょうか?それとも円安になったのでしょうか?「90円から100円に上がったのだから円高」と思われるかもしれませんが、答えは円安です。

円とドルは相対的なもの

わかりやすく「もの」で考えてみましょう。為替レートが1ドル=100円のとき、1ドルのハンバーガーを買うには100円払わなければいけません。しかし、1ドル=90円になると、同じ1ドルのハンバーガーが10円安い90円で買えることになります。

これは、ドルが安くなった、と言うことができます。1ドルを買うのに以前は100円必要だったのが90円で買えるようになったのです。言い換えると円が高くなったと言うこともできます。「1ドルを買うのに100円必要だったのが90円で済むようになった」、つまりそれだけ円の価値が高まったと言うことなのです。これを『円高』といいます。

反対に為替レートが1ドル=100円から110円になった場合、100円で買えたドルが110円払わないと買えなくなった、それだけ円の価値が下がった(ドルの価値が上がった)ことになります。これを『円安』といいます。

ドルを安く買って高く売る

1万ドルを買った場合を仮定して、円高や円安になった場合はどうなるのでしょうか?

1ドル=100円の時に1万ドルを買ったとします。手数料などを考えないとすると、かかる金額は100万円です。その後円安になり、1ドル=110円になりました。その状態でドルを売ると、110円×1万で110万円になります。10万円の利益になるわけです。

逆に1ドル=100円で1万ドルを買い、その後円高になり、1ドル=90円になったとします。この場合はドルを買うのに100円×1万=100万円、ドルを売るときに90円×1万=90万円になります。10万円損してしまいました。

このように、外国為替取引では、円高(ドル安)のときにドルを買い、円安(ドル高)のときにドルを売ると利益を得ることができるのです。

関連記事

  1. 取引される場所はどこ?

  2. そもそも為替ってなに?

  3. 為替レートが動くワケ

  4. 外貨預金の手数料

  5. 外貨預金とFX どっちがお得?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP