取引される場所はどこ?

外国為替取引をする特定の場所や施設はない

市場というと株式市場のような特定の施設などを想像するかもしれません。しかし、外国為替取引のための具体的な取引所や施設はありません。

日本円や米ドルなどの通貨は、銀行などの金融機関が通信端末などを使って直接に連絡を取り合い、100万通貨単位で売買をおこなっています。その取引をインターバンク市場(銀行間取引)と言います。一般的に外国為替市場という場合はインターバンク市場のことを指します。個人や企業が取引をする場合は、金融機関を仲介してインターバンク市場で取引します。

外国為替市場は相対取引

外国為替市場は株式市場と違い取引所取引ではなく1対1の相対取引です。売り手と買い手が1対1で通貨や数量、価格を決めて取引をします。そのため、各社が提示する為替レートが微妙に異なるということが起こります。

一方、株取引では証券取引所で取引された株の価格が絶対の価格になります。そのため、どの証券会社を通しても1株の価格は同じです(株を買い付けるときの手数料などは異なります)。

24時間いつでも取引可能

上記のように、外国為替市場には取引所というものがありません。世界中の銀行によって常に取引が行われています。東京市場が終わる頃にはロンドン市場が開き、ロンドン市場が閉まることにはニューヨーク市場が開き、そしてニューヨーク市場が閉まる頃には再び東京市場が開くというように、24時間絶えずどこかで取引が行われているのです。

東京、ロンドン、ニューヨークの市場を世界の三大市場と呼びますが、それ以外でもウェリントンやシドニー、シンガポール、バーレーンなどで外国為替取引が行われています。

株式市場のように昼間しか開いていない市場では、サラリーマンやOLなどは市場の流れを見ながら積極的な取引をすることはなかなか難しいのですが、24時間いつでも取引可能な外国為替市場であれば好きな時間に好きなだけ取引をすることができるのです。

関連記事

  1. そもそも為替ってなに?

  2. 外貨預金の手数料

  3. 円高・円安ってなに?

  4. 外貨預金とFX どっちがお得?

  5. 為替レートが動くワケ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP