売買価格を指定する指値注文。損失を限定させる逆指値注文

レートを指定する指値注文と逆指値注文

FX注文の基本中の基本といえるのが「指値注文」と「逆指値注文」です。どちらも売買レートを指定する注文方法です。

指値注文では、買いの場合は実勢レートよりも低いレートを、売りの場合は実勢レートよりも高いレートを指定します。「この値段まで下がったら買い」「この値段まで上がったら売り」という注文です。

それに対し、逆指値注文では買いの場合は実勢レートよりも高いレートを、売りの場合は実勢レートよりも低いレートを指定します。上昇トレンドに乗るときや損失を限定するときに利用します。

売買価格を指定する指値注文

FXの注文の基本となるのが「指値注文」です。「この値段まで下がったら買う」、または「この値段まで上がったら売る」という注文です。

下の図では、現在のドル/円レートが106円です。もう少し安くなったらドルを買おうと思い、1ドル=105円で新規買いの指値注文をしました。その後ドルが下がり、レートが105円になったので買い約定しました。

その後、高くなったら売ろうと思い、1ドル=105円の時点で1ドル=107円になったら売るという決済売りの指値注文をしました。結果、ドルが107円まで上がったので売り約定しました。

損失を限定させる逆指値注文

「逆指値注文」というの「安くなったら売る」「高くなったら買う」という、指値注文とは逆の注文です。損失が広がらないように、または上昇トレンドに乗るために使われます。

損失を限定するための逆指値注文が下の図です。106円でドルを買い、上がると予想していました。しかしドルは下がり続け、104円になってしまいました。そこから上がると考えたのですが、下がることも考え、103円より下がったら損失を限定するために買ったドルを売るという逆指値注文を出しておきました。

103円まで下がったことで約定し、損失を出してしまいましたが、103円よりもさらに下がってしまった時の損失拡大を防ぎました。

トレンドに乗るための逆指値注文

逆指値注文は、損失を限定するためだけでなく、トレンドに乗って利益を出すためにも使われます。

下の図では、為替レートは1ドル=106円と107円を行ったり来たりしています。このときに、107円を上抜ければ上昇トレンドができると予想しました。そのため、「107.10円まで上がったら買う」という逆指値注文を発注しました。

その後、107.10円を超えたため、買い約定しました。

関連記事

  1. IFD注文は利益の確定にも、損失の限定にも使える注文方法

  2. OCO注文は読みが当たっても外れてもOK

  3. FXの注文の種類

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP